You're Nothin' Without Me

お前は俺なしじゃ、ただの役立たず、とでも訳すのだろうか。そんな歌がある。

最後は、俺はお前がいなけりゃただの穀潰し、などと歌って終わる曲だ。

今日は何の根拠もない独り言。

 

一人の人にとって、もう一人を見較べて、自分より信頼できるし前向きな人だと感じるときと、いい加減な奴で頼りにしてはいけないと思うときがある。きっと、良い奴とは前者で、後者はダメな奴になる。そう考えて付き合いを見直すこともあろう。

 

私の知り合いの女性が、旦那さんの子を身籠って、つわりで苦しかった時や、乳児を育てることに振り回された時期に、旦那さんが風俗に通って性病にかかったり理由もなく外泊することがあったとこぼした。

実は、それを問い詰めたところ旦那さんが家に帰らなくなったらしく、別の女性が言うには旦那は離婚を考えているが奥さんは悩んでいるらしい。

 

それで、その別の女性に確認すると、結婚する前からチャラ男だったけど、奥さんがそれを直してゆく決意で結婚したとのこと。

 

無理な決意をしたものだと、私たちは笑ったが、チャラ男は死ぬまでチャラ男な生き物だと。変えようとするのは無駄、不毛な努力で、死ぬまでほとんど変えられずに終わるのは明らか。

相手を変えるのは無理で、自分が変わるしかない。

 

チヤホヤされて可愛がられて生き続けたい人と、信頼されて前進して人生を構築して行きたい人とは育てられ方から違う。自己形成の全ての時期をチャラ男で過ごしたら死ぬまでそのままだ。落語の芝浜なんて話だけの世界と考えて良い。

売れっ子アイドルも生半可ではない自己変革を積み重ねて一流になれる。自立しない人が生きるには、自律している人に頼るしかない。そういう人は信頼できる人、どんと来い、一人や二人なら任せろと言える人を伴侶として選ぶべきだ。

チャラ男とチャラ娘では苦しい将来が最初に透けて見える。上記の二人だ。

 

一方で、少子化が明らかになり、介護放棄と共に子育て放棄がメディアに増えてきた。将来は産みっぱなし、あとは知らないという態勢が用意されないと、親は孤独死、子は放置死がメディアを騒がす時代が来るかの様相だ。

つまりは、生きるコストがかかりすぎる時代になって来るということ。胴上げから肩車になるのは介護状況を示す。しかし、子供を育てるにも、一人親が増えたりきちんと自立した子に育てる暇がなかったり、教育費が馬鹿高くなって稼ぎ出すまでが長くなり過ぎたりして、最初に放棄したり、教育を放棄したり、指導も放棄するしかない、切羽詰まった生き苦しい時代になっているのではないか。

育てた子が家を出て帰って来ないのは何も特殊な事でもない。むしろ、それが普通となっている。

 

この状況を嘆くのは自由だが、家に縛られない生活、人生が普通になると同時に、墓も要らない、家も要らない、伴侶も要らない。求めても得られない時代がやって来ている。

嘆くのではなく準備すべき時期なのだろう。

一人の人が家を離れて自由恋愛で伴侶を見つけ、責任を持てない組み合わせの場合はすぐに離婚する。子供ができたら悲劇だ。しかし勇気を出して育て始めたら、時間とコストと生活が束縛され削られて、やむなく逃げ出す。そのような社会はスラム化してしまう。

 

昔の家を中心とした家族形態に戻れと言っても無理なのだ。一人ひとりが自律すると言いつつ、人間関係が保てない社会で孤立して行くことを前提とした態勢。それに対しており一人が責任を持つ社会の在り方は、多分、高負担・高福祉の社会しかないだろう。

産みっぱなしの子でもきちんと育ち、子が海外へ行ってしまってもきちんと介護される、気楽なようで孤独な時代。

人間が機能を発揮するだけの社会とはそういうモノだ。

人間が人間らしくいきるとは、その機能だけが評価されるのではなく、家族とかコミュニティとか、友人の中で、社会の一員として参加し分け合う事であり、機能を用いられるだけでは奴隷的生活に変わりない。

国民というか、市民というか、その存在意義が経済的機能などに重きを偏らせすぎると、人間としての側面が抜け落ちてくる。

介護放棄とか育児放棄とか、虐待はその現象の先駆けなのではないか。

 

You're my everything. とは言わないが、You're something for us.と、経済的な意味ではなくて誰でもが言える時代が来ないかな。

 

廃棄物の撤去費用は誰が負担?

海に流れ込んだ廃棄物。その量は膨大だ。

それを分解処理する微生物の力は偉大だが、分解不能な物や微生物や海生生物を殺すものも多い。プラスティックごみ、セラミックやナノサイズの微粒子、分解しない薬品類等々。

トランプ大統領は米国海岸に漂着する物の投棄者に責任があると話している。

 

空に拡散する廃棄物も大量にある。

二酸化炭素などの温暖化ガスがその代表だろう。地球への紫外線を素通りさせるフロンガスなどもある。エネルギー消費による熱エネルギーの放出も大きい。

これらの排出者にも責任がある。まずアメリカがその第一の責任者だろう。

 

20世紀の末に、21世紀はゴミとエネルギーと食糧が人類の課題であり、大きなビジネスとなると言われた。

確かに、廃棄物、排出物という意味でのごみは、これまでは気にならなかったが、1900年に17億人だった人類は75億人に増え、一人当たりの排出量も3倍になった結果、地球上に撒き散らされるごみは分解能力を越えたと言える。

 

そういう意味で、トランプ大統領が、漂着するゴミに違和感を覚えて責任を訴えるのは必然だった。

排出ゴミに歯止めをかけようと提案し始めたのは20世紀の末。アメリカは温暖化ガス規制にそっぽを向いていた。

 

これから先、貿易戦争と同じように、ゴミ戦争が始まるかもしれない。

トランプ大統領は、ようやく廃棄物が過大になったことに気づき、何らかの戦略を打ち出すべきだと、うっすらとながら対応の必要性を感じ始めたのだろう。

 

ごみ戦争はごみビジネスの戦場でもある。温暖化がビジネスチャンスになっているように。アメリカはそこへ踏み出すのだろうか。(日本はアメリカが踏み出さない限りは動かないだろう) 欧州には手を挙げる企業が出てきた。

さて、地球の未来は明るいのか。それとも責任のなすりつけ合いに終わるのだろうか。

 

守護聖人

BBCのサイトを読んでいたら、「彼は私の守護天使だと信じる」という人がいた。

 

先日のインドネシアの大地震で、旅客機のパイロットが航空管制官に感謝の意を込めてツイッターなどで語っているとのこと。

地震でほとんどの人が逃げた中、その管制官は着陸しようとする航空機に対して、地震状況を伝えるなどで最後まで交信し続けた。結果、航空機は危機を回避し、逃げ遅れた管制官は・・・死んだ。

 

東日本大震災でも、最後まで避難を呼びかけて、命を失った市役所の広報担当者がいた。

 

実は、久しぶりに昔のゲーム機を遊んでいたのだが、DQ9:星の護り人 のことを思い出してしまった。

 

単純に、guardian-angel という言葉が過去の連想を呼び起こしたという話なのだが、守護天使、あるいは守護聖人が実在するとしたら、彼らのような人を言い、うがった見方をすれば、誰でも、そのような状況下において、自分の責務を果たして他人を助ける結果を現実化することができるという事でもある。

 

有名な哲学者が、あなたのその手は溺れようとする人を助けることも出来るが、罪のない人を殺すことも出来る、などと言っていたが、いつかは誰かを助ける人間を演じたいと願うのが人間。しかし、いつか誰かを殺す役を演じたいと願う人は稀で、条件によっては自動的にやってしまう行動なのかもしれない。

 

サターンは堕天使とも訳されるが、元は同じように羽根を背中に持つ天使だった。

参照:

www.bbc.com

参加を誘うフォークダンスが日本を変える?

だいぶ前になるが、祭り、舞踊の起源を考えてみたことがあった。

「おどり」には舞と踊があって、前者は飛び跳ねない比較的ゆっくりとしたもので、後者はジャンプが多いものと思って良い。仮面の歴史と同様に踊りの歴史はほぼ社会の成立に等しい歴史があると言える。

 遊戯の「はないちもんめ」(以下、花一匁)に興味を持って、人と人のつながりを前提とした単純なダンスを伴う遊びの歴史が上記の仮面や踊りとつながりを持つ点に気付き、それらとの違いを考えてみた。

 

 仮面や踊りは人間の本能に直接的に起源するものだが、花一匁は社会的な起源要素がある。現代の花一匁は二つに分かれた数名の仲間が歌を歌い、踊って仲間の取り合いをする子供の遊戯だが、日本各地でそれぞれに古い伝統があるようだ。しかし、中央の主導する教育の一環として用いられた時間が長くて、遊び方が統合されてしまい、元の姿が分からなくなっている。

 そこでお手軽にネットでよく似たダンスや遊びが外国には無いのか調べてみた。すると、カシミールフォークダンス、ネパールの祭りの踊りが似ているものと思えた。いかにもいい加減な調べ方だと思うが、起源を探るといういつもの考察は捨てて、それらを見ていたら、やはり踊りにはストレスの開放効果があるとの(以前からの)確信を深めることにはなった。お肌に良い効果?

 

フォークダンス

 遊戯的な要素が強い花一匁もフォークダンスの一種であるとすれば、あのように手をつなぎ合い、歌を歌い発声しつつ、リズムに合わせて共同して動き回る時間を共有するのは、仲間意識を高め、共同生活の基本をレベルアップして行く効果があるに違いない。ふ・ふ・ふ。

 

 世界中のフォークダンスも数日をかけて検索してみたが、たいていのものは老若男女を問わずに参加できて、難しいステップがない。ただし、宗教的制約があるのだろうか、日本のフォークダンスである盆踊りや、きびしいムスリム戒律を求める国には男女が手を繋いだり抱きあったりすることがない。宗教起源にはおかしなルールがある。

 パレスチナのガザでは、男女が一緒に混じりあう場面は見つけられなかったが、男だけの踊りと女だけの踊りが、なんと同じステップとリズムで別の会場で同じ日に繰り広げられていた。こりゃあ、共に練習し合ってプライベートな会場ではいつでも一緒に踊れるのだから、それは確実に出逢いが生じているはずだ。

 すべての器官はその存在を主張するとは著名な哲学者の言葉だが、人の能力も身に付いたものは発揮できるチャンスがあるとムズムズとして発揮してしまうものなのだ。伝統的風習とはそういうモノなのだ。組織論、能力論だけではない。

 要するに、男女間や年代間、あるいは複数のコミュニティ間の壁を取り除く、社会融合的な効果がある。

 

 エストニアの第8回歌と踊りの祭典では、世界中のフォークダンスが公開されていた。ほとんどが男女老若の壁がなく、飛び入りでも踊りに参加できる。簡単なステップと踊りやすいリズムがずっと続くものだから、誰でも参加できる。祭典の最中には人種も年齢も関係なく参加し合っていた。

 

 また、観光地に多いと思われるが、その『誰でも参加できる』特性を活かした、不特定な参加を待つフォークダンスがほぼ常時展開されている例もあった。

 それは、プロかボランティアかは分からないが、フォークダンスのチームがあるという事実だ。

 彼らの目的は、もちろん、上記の参加者を集めることにある。しかし、参加した者は楽しくて、仲間感が味わえて、気持ちが高揚する。これがリピート率を上げない訳がない。

 

見せる踊り

 日本でも盆踊りが進化したイベントが繰り広げられるが、残念ながら誰でも参加できて手をつなぎ、一人ひとりがいろんな人と交流できるものは少ないとしか言えない。一部の人の踊りを眺める形が多くメディア化されている。綺麗か、派手かで価値が決まると、小さな子供や外部からの訪問者は参加できずに眺めることになってしまう。

 つまり、盆踊りのような、特定の期間に限った往来者を集めることはできる。まるでテレビを見るかのようにその現場に足を向けるだけなのだ。一緒に手を繋いで踊り、抱きあったりしてステップを踏むことはない。

 たとえば徳島へ行くと阿波踊り、丹後へ行くとドジョウ掬い、郡上八幡へ行くと郡上踊りを見られる。季節でなくても旅館などの催しで見ることができる。だが、彼ら踊り手は観光客と手を繋いで踊ることも、一緒に小一時間も踊るなどということはしない。ほとんどの場合、見世物なのだ。テレビと同じで、見世物なのだ。

 

 スコットランドアイルランドシャンパーニュ・・・世界中に、来るもの拒まずで、誰とでも手をつなぎ、踊れるフォークダンスがあり、誰でも何度でも来てくれという、開かれたコミュニティーの側面がある。そこには開かれたフォークダンスがある。戦いの側面は今回はオミット。

 

引き込む踊り 

 昔、五輪音頭という官製の盆踊りがあった。日本中で盆踊りとして踊られた。今の団塊の世代は「踊れます」と答える人が多数いる。現代は町々村々の盆踊りが廃れてしまって、今年は新たな物も含めて見も聞きもしていない。

 参加する物から見世物に変わって行ったとき、必然的に参加者は減り、「私も踊れます」という人も減る。

 あらたな東京五輪音頭が作られたようだが、こっちへ来いと手招きするメンバーが活躍する場がほとんど見られない。テレビの中で踊って終わりにならないように願う。

 

 本来、歌も踊りも、テレビやディスクにあるものではない。あんなものは知識だ。具体的な踊りは「自分が」踊ること、実践的な歌は「自分も」歌うことだ。目の前で歌う人が一緒に歌おうと誘い、同じ広場で踊って手を繋いで引っ張り込むところから広まった。

 電波やディスクに歌も踊りも持ってますと言うことはできても、一緒に歌えます、踊れますと言える人は稀になってくる。自分の物と言うけれど、どんどん他人の物になって行く。そんな現代病に侵されないようにもしたい。

 小学校で踊ったオクラホマ・ミキサー。男女が手をつなぐ楽しいひと時。多くの国でそれが老若男女に開かれたダンスとして伝統的に伝えられてきている。きっと社会にある男女間の関係が正常化すると思う。ん、少子化に歯止め? あまり期待できないかな。

 

 多分、きっと、日本の文化に欠けているものの一つは開かれたコミュニティー感覚であり、人種も男女、世代も垣根を感じさせない、

(⌒∇⌒)フォークダンスなのだ(⌒∇⌒)。